So-net無料ブログ作成

出張 [日記]

2年ぶりにドイツに1週間出張に行くことになりました。

最近は更新が滞ってますが、今週は更新しないと思います。

それにしても、帰りの予定が、

ハンブルグ→1時間フライト→アムステルダム7時間待ち→11時間フライト→成田7時間待ち→1時間フライト→伊丹

という、27時間プラン。もう少しなんとかならんかったのか、、、。

index.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

矢矧建造#01_購入 [模型]

さて、しばらく模型製作おやすみしてましたが、
いつまでも積んでると供養出来ないので手を付けていきます。

勢いで買った、菊水作戦セット(大和・矢矧)の、
矢矧を作り始めました。

yahagi.jpg

このセット、カッコいい艦名プレートがついてるのですが、
発売したタイミングで艦NEXTの大和が出てたり、
矢矧はエッチングパーツが発売されてなかったりと、
チグハグな販売でした。

まあ大和の方はどうせエッチングとかで
手を入れるから良いとして、
矢矧のエッチングパーツが無いのはちょっと閉口。
しかも仕方なく阿賀野用を買った後に矢矧と酒匂エッチングが
発表されました。
いやー、矢矧発売から2年位たって販売するのはちと勘弁。

という事で一部、互換が無いまま無理やり付けたり、
エッチング無しにしたりしてますが、めげずに製作していきます。

タグ:矢矧
nice!(0)  コメント(0) 

アルテオンに試乗してきた [日記]

VWから魅力的な車が発表されました。

2018-02-15T23_48_33-17bfd.jpg

そう、アルテオンです。
ファストバック好きとしては、たまらんデザインです。

平日休みならあんまりお邪魔にならないだろうと、
VWディーラーに遊びに行ってみました。
見るだけのつもりだったのですが、
試乗もさせてもらいましたので、感想をば。
ちなみに試乗車グレードは、
ノーマル/アドバンスのうちアドバンスの方です。


○外装
これはもう写真のとおりか、写真以上にかっちょいいです。
特にフロントフェイスは新しさもあって唯一無二。
ドアはサッシュレスなので、A5とかと一緒です。

サイドのプレスラインの綺麗さも良い感じ。
Cピラーからリアへのラインもなかなか良いです。
バックライトの形状はあっさりめで、攻めてない感じです。
デザイナーがフロントの絵を書いて力尽きたんでしょうか、ってくらい。
良くも悪くもないって感じですが、
ファストバックの流麗さはキープされてます。

00011658_s.jpg

そうそう、VW全車共通らしいですが、
バックカメラは使用時のみ、VWのエンブレムが可動して
カメラが出てくるようになってるらしく、
なかなか良く出来てるなと思いました。

タイヤは19インチor20インチが標準です。(グレードに寄る)
ものすごく大きいと感じました。
ブレーキローターは小さいので、インチダウンは可能っぽいですが、
それにしても最近のタイヤ大径化はちょっと行き過ぎてる気がしますね。
そしてこのタイヤサイズなのに、リアタイヤと車体のスキマは結構あるので、
車高は下げたくなりますね~。

色も結構良いチョイスで、
・メリハリのあるパールホワイト
・ややガンメタ気味の渋みのあるシルバー
・悪さ全開ブラック
・深みのある上品なレッド
・落ち着いたブルー
・ゴールド調にも見えるイエロー

試乗車のシルバー、なかなか良かったです。選ぶならこの色かも。
ブラックで車高を下げるのも悪そうでイイかも。
イエローは頑張ってるけど、やっぱり選ばないかなーって感じです。


○内装

07124149857_o.JPG

まず、座ってみて思ったのは、
意外とシートポジション高めだなーってのと、
なにより「左足のスペースが広い!」ってトコです。
もうこれだけで、相当な美点かつ長所です。

内装は新型A5SBに似た、アルミのカーボン調のパネルを多数配置。
ナビの上にエアコンがあるので、えらくバランスが高い位置に感じます。
アナログ時計は高級車っぽくて良いですね。

ナビは大型液晶パネルですが、今時の車にしてはやや低め配置なのと、
タッチパネルなのにツルテカ液晶なので、指紋が非常に目立つのはマイナス点です。
新車やカタログの見栄えは良いのでしょうが、、、。

最近この手のツルテカ液晶や静電タッチパネルが増えてますが、
正直止めて欲しいブームです。
ダイヤル操作の画面ならまだしも、触ること前提のパネルが指紋だらけって、
みすぼらしいったらありゃしないです。

ハンドルはこのクラスの車にしては珍しくD型ステア。
シフト周りには10個ぐらいボタン用のスペースがありますが、
ほとんどダミーパネルで、
部品共用化にしてももう少しうまく処理して欲しい所。

全体的に落ち着いた雰囲気で若さ控えめ、
やや高級感は足りない感じです。
ディーラーさんいわく、
VWは共通部品が多いためとのこと。

トランクルームの大きさは、ほぼA5スポーツバックと一緒ですが、
ゴルフバッグを横置き出来る凹みを作ってくれているのは◎。

10cm以上A5SBより長いのにトランクの大きさが一緒、
ということで、この長さは何処にいっているかというと、
どうやら後席の広さに全振りしてるみたいです。
お陰で後席の膝スペースは余裕のよっちゃんです。
後席重視のサルーン的要素がこの辺に現れてるのでしょうか。


○走行性能

20171017-00010003-autoconen-000-1-view.jpg

エンジンをONするとまず思ったのが、
「意外とうるさいな、、、」です。
あくまでA5SB比較ではありますが、けっこうエンジン音が車内に響きます。
コンフォートモードだったんですけどねぇ。

さて、気を取り直して山道の試乗コースへ。
流石280ps、加速性能は全く不足なしです。
とくにスポーツモードの機敏な反応は、
大型セダン感が全然ないですね~。
パワーだけなら、A5SBより上かも。

前述の騒音も手伝って、
コンパクトスポーツを運転してるような感覚になります。

そうこれ、なんか思い出したのが、
レヴォーグとアテンザの関係性に似てるかも。
今回はアルテオンとA5SBですね。

ド素人の私でもハッキリ分かるぐらい、
走りの上質感はA5SBの方が上です。
外界と遮断されてる感じが比較にならないレベルです。

エンジン音の入り具合大きいこともありますが、
もう一つは、ボディ剛性と足まわりのバランスなのかなー?
この辺は素人なので、「サスがしなやか」とか言えませんが。

ちなみにエンジンはゴルフRと同じエンジンらしいです。
なるほど、ちょっとヤンチャなエンジンを積んでるんですね。

あと、四駆はフルタイムではないらしく、
ディーラーさんいわく、トルコン式で50:50から100:0が
リニアに変わってるらしいです。
フルタイム信者の私としては、やや残念。
まあ普段使いではそれほど実感無いですし、
雪道でも無茶しなければ、充分な性能なのではないでしょうか。

ただ、A5SBのクアトロは雪の多い地域だとすごい安心感あります。
横滑りの制御が良いみたいでランエボより重いのに、全然横滑りしません。
FFとの価格差はちょっと髙杉と思いますけどね、、、。


○価格と装備

グレードはノーマルとアドバンスですが、
違いはアドバンスに、
・液晶メーター
・後席シートヒーター
・アクティブヘッドライト
・ホイールが19→20インチに
が付く感じ。

オートクルーズやバックカメラ、
自動ブレーキ等の運転支援系はノーマルでも入ってるので、
結構ノーマルで充分な気がします。
個人的には液晶メーターとか要らない派ですし。

価格はノーマル550万、アドバンス600万だったかな。
装備に対する装備内容、車格からすると、
充分お買い得な車です。

ただ、価格のわりに乗り味の質感は高くないことだけは確かです。
原因が遮音性なのか、ゴルフRのエンジンなのかは分かりませんが、
もう少し音だけでも静かになって欲しいと思いました。

大型サルーンとしての落ち着いた保守的な内装と後席の広さに対して、
ヤンチャな乗り味はちょっとチグハグですが、
ちょいワルな見た目がその仲立ちをしてくれてるような気もします。

というわけでまとめ。

◎格好良いフロントデザイン
○広い左足スペース
○広い後部座席とトランク
○ボディカラーの選択肢
○充実した装備
○適度なレア感
○コストパフォーマンス
△リアのデザインが薄味
△内装の質感のあっさりさ
×デカすぎるタイヤ(特に20インチ)
×指紋が目立つタッチパネル
×走りの質感(遮音性)

次の車候補としては、結構アリかなー。
いつの話かわかりませんが。

ランエボからの乗り換えだったら、
遮音性もそれほど気にならなかったんでしょうが、
人間、贅沢を覚えるとダメですねぇ。

volkswagen-arteon-gets-air-suspension-and-porsche-cayenne-wheels-119510_1.jpg
タグ:クルマ
nice!(3)  コメント(0) 

ロマサガ2買ってみた [その他の趣味]

rs2.jpg

寒い上に腰が痛くて若干模型から遠ざかり気味です。
そんなわけで、PS4版ロマサガ2を購入。年始セールで2500円位でした。

実はスマホ版も2000円ぐらいで買ってたんですが、
操作性が悪すぎてほとんど触らず。
PS4版はクリアしました。

主な変更点は
○背景が綺麗
○ちょっとだけダンジョン、クラス、アイテムが追加
とまあ、追加要素は最小限でしたが、それがちょうど良い塩梅です。
かなり難しめの戦闘バランスですが、
今時のゲームにはない緊張感があります。

それにしても、当時のRPGとしては、
技閃き、継承システム、武具開発、陣形等、
かなり斬新な要素が多くて感心します。

しかも複雑なフラグ管理や裏パラメータもあり、
長年のファンが解析した今、新発見も多いです。

その面白さを引くこと無く、わずかなエッセンスを加えたこのリメイクは
基本的にはかなりの良リメイク。

ただ、残念な部分も。
×結構リセットが必要なゲームなのに、リセットボタンが無い
×移動中の十字キーの反応が悪い
△戦闘中のウィンドウに技/術が4つしか表示されない。
△装備メニューで装備品の解説が表示されない(持ち物欄まで戻る必要がある)

まあ我慢して遊びましたけど、結構イマイチでしたね。
あと、1ライセンス買ったらPSとスマホの両方で遊べるようにして欲しいです。

ロマサガ3もリメイク発表があったので、
PS4で遊べるなら買ってみようかなって感じです。
タグ:ゲーム
nice!(1)  コメント(0)