So-net無料ブログ作成
検索選択

摩耶建造#14_張り線 [模型]

さて、最後の仕上げの張り線です。
今回は鮎釣り糸0.06号を使用してみましたが、
長い線のクセが取りきれず、ちょっと変な感じになってしまいました。
やはり0.10号くらいが良いんですかねぇ。

IMG_1381.JPG

艦橋横の部分だけは伸ばしランナーを使ってます。
テグスだと真っ直ぐ張れる気がしないので、、。

ゴッドハンド製メタルラインニッパーを、紙ヤスリで研ぎ直して使うと、
極細テグスでも結構いい感じに切断してくれます。

碍子(ガイシ)は、筆でチョンチョンと白色が塊になるよう塗ってます。

概ね丸一日かけて張り線終了です。
肩こります。

まあまだまだ向上の余地はあると思いますが、
まずまずの出来、って感じになりました。
ようやく少しは慣れてきた、かな?

タグ:摩耶

SFの世界 [日記]

ちょっと前ですが、バックトゥーザフューチャーの世界である2015/10/22を実際に迎えたというのが、
TVで話題になってました。

映画では、空飛ぶスケボーが出てましたが、流石に実現できそうに無いですね。
TVでは一応、冷却磁力で実験してる映像は出てましたが、これは実現したと言えないでしょうし。


で、いろんな未来SF物を検証してみようと言うのが今日のお題です。


・北斗の拳:199X
すでに過ぎましたが、核戦争は起きませんでしたので、
ヒャッハーな方が登場することもなかったですねー。


・エヴァンゲリオン:2015
なんだかんだでエヴァの時代まで追いついてしまいました。
まあ使徒とかエヴァ本体はファンタジー要素としても、
マギシステムやポジトロンライフルのような超ハイテク技術も追いつきそうにないですね。


・ワイプアウト2048:たぶん2048年
私のお気に入りゲームのワイプアウトは2048年です。
反重力システムで浮いたマシンがレースを繰り広げるまで、
あと30年、、、では多分無理っぽいですね。
テクノロジーもそうですが、
フォントデザインや企業ロゴがあそこまで未来的になるとは思えないですねー。


・カウボーイビバップ:2071年
主なテクノロジーは、火星に居住、位相空間ゲート(ワープみたいなもん)、
サイボーグ化による医療技術でしょうか。
あと55年ですが、どれも超大がかかりなプロジェクト過ぎ。
出来そうなのは医療技術ぐらいですかねぇ。


・サイコパス:2112年
主なテクノロジーは、色相やサイコパス判定、ホログラム技術、
ハイパーオーツによる小麦だけでの食料供給、スマホの形が変わってない、あたりでしょうか。
私が見届けられるのはスマホの形ぐらいですね。
他の作品に比べて比較的、現実味のあるテクノロジーかも知れません。
むしろあと100年であそこまで世界が荒廃するのか、という所が突っ込みどころかも。


・ドラえもん:2101~2200
範囲が広いですが、22世紀から来た(昔は21世紀って言ってた?)のなら、
あと200年ぐらい余裕があります。
全部のアイテムは無理でも、部分的には行ける、かも?翻訳こんにゃくとか。


・ガンダム:宇宙世紀0078
残念ながら宇宙世紀が西暦いつなのか分かりませんので、、、(設定されてる話もあるらしいですが、公式でないそうです)
ビームサーベルでチャンバラ、
20m越えのロボットで暴れても中の人はエアバッグ程度で大丈夫という慣性キャンセル
あたりがハードル高そうです。むしろサイコミュのほうがまだ実現できそう。

あと、ガンダム00が西暦2307年だそうです。
まあGNドライブは無理でも、軌道エレベーターは理論が確立されてるし出来るかも。
ただし、技術的にはクリア出来ても、
国家間を結ぶという政治的な部分が解決出来そうな気がしませんが、、、


思うに、結構早く実現できると踏んだSF作品が多いですね。
インターネットやPC、スマホ等が進化するスピードが凄いので、
技術の進歩はすぐだと思うのかもしれませんが、
インフラや建造物、重工業がそんな急激に置き換わるワケ無いですからねぇ。

いやまあ、ちょっと近い未来がこんな世界だったら、、、
という話の方がワクワクしますけどね。


摩耶建造#13_船体ウェザリング [模型]

仕上げです。
エナメル塗料で汚していきます。(今回写真なし)

とりあえず船体は茶と黒で汚れを表現。
甲板上や構造物は黒で汚してます。
拭き取りが微妙にしづらいのですが、まあ多少残っても良いでしょう。

最後にシャドーとしてスモークグレーで陰影をつけて立体感を出して、
フラットクリアーで全体の光沢を整えました。

さて、この後いよいよ最後の難関、お待ちかねの「張り線」です。
どーしよっかな、、、。

タグ:摩耶
メッセージを送る